FC2ブログ
   
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カテゴリ

最新トラックバック

最新記事

リンク

プロフィール

DTC Japan

Auzentech.jpです。

音質、音響効果、音場処理。
全てにこだわって作ったサウンドデバイス。

Auzentechはそんな製品を研究し続けています。

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 はじめまして
パソコンで音楽を聴くとき、映画を観るとき、ゲームをするとき、音をもっと良くしたいと思ったことはありませんか?

パソコンの音を良くするためには、スピーカーやヘッドフォンを換えるのが一番効果的です。

気に入ったスピーカーやヘッドフォンのその次に、パソコンにサウンドデバイスを追加すると、音は劇的に良くなります。

Auzentechはサウンドデバイスを研究、開発、製造、販売しています。

Auzentech、近日発表です。

スポンサーサイト
お知らせ | 固定リンク | トラックバック:0
(2008/08/23(土) 20:00)

 OPAMP
AuzentechのサウンドカードはOPAMPを載せ換えできる製品が多いんです。
テストを続けているPreludeというサウンドカードもOPAMP交換ができて、いくつかのOPAMPの試聴テストも続けています。

OPAMPというのは、アンプの働きをする小さいのに凄いICチップです。
そのOPAMPを交換すると、サウンドカードにつなぐアンプを交換するのと同じくらいに音が変化します。

実際にアンプをいくつも持っていて、音の違いを聴き比べたりするような事はなかなか無いと思います。しかし、OPAMPならパソコンのケースを開けて小さなICを交換するだけです。
値段も数百円から数千円と、アンプを交換する事に比べれば安くて手軽です。

発売準備を進めているPreludeは、標準でLM4562という高級オーディオ製品にも採用される超低歪みなOPAMPが載っています。クリアーでかなりフラットな音が特徴です。

このLM4562を有名なOPA2604、OPA627AU、OPA637AUに載せ換えてみました。音が変わるだけでも面白いんですが、音が変わるといっても、左右の広がりが変わったり、小さい音まで良く聴こえるようになったり、高い音や低い音のバランスが変わったり、OPAMPの特徴がいろいろあるので、一概にどっちが上とか下と言えるものでもなく、人によって好き嫌いがあるのもおもしろいところです。
超高級品のOPA627SMも試させてもらいましたが、これは別格でした。値段も別格なんですが(笑)

他にもいくつかのOPAMPを試して、いろいろ検討しています。


テストだけでなく発売の準備も最終段階に入っています。

最大パワーを持ったオーディオコントローラーに、ハイエンドDAコンバーターを組み合わせ、交換式OPAMPでチューニングも自由にできる、かなりおもしろい製品です。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

X-Fi Prelude 7.1 | 固定リンク | トラックバック:0
(2008/08/23(土) 20:00)

copyright © 2007 Auzentech Blog all rights reserved.

-->

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。